2016年12月31日

エレアカ1月のインテリア 若松、羽子板、水仙、ダイダイ…

じたばたしているうちに、今年も終わり…。

皆様の温かいご支援のおかげで、なんとか一年を無事過ごすことが出来ました。

 

崖から落ちそうになったり、落とし穴にはまったり、

野犬に追いかけられたり、池でおぼれそうになったり…(←比喩です。)

ひとときも平穏でいないわたくしを、皆様見捨てることなく、

『章子せんせ~い!ほら、つかまって~!!』

…と、引っ張り上げてくださるのです。

ご…ごめんね、いつも迷惑ばっかりかけて…。(>_<) 本当にありがとうございます。

来年こそはすこしは恩返しできる年にしたいなと存じております。

 

さてお正月のテーブルコーディネートはお目にかけたので、

本日はインテリアをご覧いただきますね。

 

img_5999

 

テーブルコーディネートをしておりますお部屋の、メインのお飾りははもちろん、塩田先生にお習いした『若松』

格調高く、凛々しいですね。お花じゃないのに、華があるという素晴らしさ!

 

『若松』の両サイドには飾り羽子板を飾りました。母が大事にしていたもの。

本来女の子の初正月に贈られ、飾るものですが、母はお正月飾りとして毎年飾っていました。

 

img_6000

 

白い肌に桜色の頬。小さな口にすっと通った鼻筋…母に似てるみたい。

親ばか…でなくて、子馬鹿かしら?

 

img_6057

 

ピアノの横のキャビネットの上には、屠蘇器の杯とお扇子を。

お庭の水仙とダイダイの実も飾りました。

 

img_6056

 

こちらにはもちろんお銚子を。鶴の柄。

磁器の屠蘇器って珍しいですよね。箱書きには『伊万里陶苑』と書いてあります。

母の写真も飾って…。

 

img_6050

 

玄関のお見送り花のコーナーには、干支のお扇子と小鳥のオブジェ

干支ものは集めだすと12種類あるので場所をとって大変ですが、お扇子ですとたためるのでかさばりません。

小鳥のオブジェはパリで購入しましたが、和にも良く合いますね。

 

エレアカお正月のインテリアでした。

ではいよいよ、皆様良いお年を。

 

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位キープ!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月30日

お正月の食卓は有田焼で華やかに 『テーブルコーディネート教室』

主婦にとって一年で最も忙しい時、年末。

皆様、お疲れ様です…。

“料理より先に、まずテーブルコーディネート”がエレアカ流ですが、

食卓は出来たので、今日はポツポツとお節づくりしています。

田作り、こぶ締め、きんとん、松風焼き…簡単なものだけね。

あ、母の好きなおなますも作らなきゃ!

 

本日はお約束どおり、昨日お目にかけたテーブルコーディネートの詳しい説明をさせていただきますね。

1月は『食卓の美学セミナーがお休みなので、その代わりと思っていただけましたら幸いです。

 

img_6035

 

『初春を寿ぐ 元旦の食卓』。家族4人分のテーブルコーディネートです。

1stカラーはテーブルクロスの青磁色。2ndカラーは漆器の黒。

3rdカラーとして、箸や茶托の朱赤を持ってきて、華やかさを添えています。

 

お湯呑は有田焼、『其泉(きせん)窯』。お祝いの席にふさわしい、大変細かい美しい絵付け。

 

img_6016

 

メインの食器は有田焼『天狗谷窯』の萌黄金襴蓋向付。

かなり大き目のサイズですのでお正月の具たくさんのお雑煮を入れるのにピッタリ。

萌黄色+金もお正月らしい華やかさがあります。

 

受け皿にした白磁のお皿はロイヤルコペンハーゲンのホワイトファン

和食器は本来食器を重ねることはしませんが、そこをあえてすると洋の要素が加わり、モダンになります。

お雑煮を頂いた後、お重箱に入れたお節料理の取り皿に使用します。

 

ナフキンは、ちりめんの小風呂敷を翼に畳んで柔らかさを出しています。

 

img_6030

 

鶴のお皿は有田焼『啓祥窯』

柴田コレクションにもある古典の復刻。

 

外が朱、内部が金彩のおちょこ型の器は『深川製磁』。

良いですね、こういったお皿があると華やぎます。

 

img_6033

 

有田焼『柿右衛門窯』の小皿には数の子を。色使いと梅の形がお正月らしい。

小皿であってもこの風格、この存在感…素晴らしいです。

 

img_6029

 

唯一の洋食器はこちらのリキュールグラス。お屠蘇を入れようと思います。

ボール部分のカット、ステムの境目のホットワーク、…なんとはなしに和風な感じがしませんか?

残念ながらブランドは不明。

 

img_6025

 

右下の市松模様の漆のお菓子器はアンティーク。

練り切りとお干菓子などを松葉と共にもりつけると素敵そう。

今回はおしぼりを置こうかと…怒られるかな?

 

来年5月には、有田焼きのゆかりの地や窯元をめぐる有田研修ツアーが出来たらいいな…と思っております。。

今回使用しております有田焼の器すべて、お求めいただけるように

各所にお連れいたしますので是非ご参加ご検討くださいませ。

 

 

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位キープ!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1 / 1512345...最後 »

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。