2017年3月31日

茶葉の大きさを確かめて、茶葉の量、蒸らし時間を見極める。『紅茶教室』

明日から4月というのに冷えますね。花冷えというのでしょうか?

でも雨のたびに目覚めていく庭が楽しみです。

 

さて本日は紅茶教室『紅茶の美学セミナー』の様子お目にかけます。

紅茶の歴史や効用、茶葉の保存について、紅茶を入れる水、ポットの材質と形、

紅茶を美味しく入れる道具についてお勉強しましたら、

キッチンに移動して、実習です。

 

 

↑エレアカのキッチン。

紅茶教室のほか、おもてなし教室お料理教室『Cooking & Sweets』でも使用します。

窓の外にはダイダイの木。真っ白な室内にオレンジ色が映えますね。

 

 

重要なポイントは口頭だけでは頭に残りにくいので、黒板に板書きしています。

紅茶はポットサービスが基本。

なぜなら茶葉を蒸らすにはある程度のお湯の量が必要となるからです。

一人分でもティーカップ2杯半(300㏄)入れます。

 

ティーカップ一杯は約120㏄、2杯半で、300㏄を確認。

 

そして300㏄の紅茶を入れるための、茶葉の量は

大きい茶葉の時はティーキャディースプーン(TCS)山盛り一杯。

小さい茶葉の時はTCS平盛り一杯。

 

 

茶葉の大きさで使用する量が変わるのはなぜかというと、

ティーキャディースプーンに乗る量が茶葉の大きさによって違うから。

 

 

紅茶を入れる時は第一のポット(ガラス)と第二のポット(磁器かガラス)の

二つのポットを使います。

ガラスポットはカリタの300㏄用。コーヒー・紅茶兼用でメモリがついていて便利。

こちらのシルバーのポット、持ち手が籐で素敵でしょう?

生徒様からのイギリスのお土産です。お教室で愛用しております。有難うございます。

 

 

茶葉の大きさによって蒸らし時間も変わります。

小さい茶葉は3分、大きい茶葉は5分ぐらい。

小さく裁断してある茶葉だとそれだけ出やすいので、短い時間で済みます。

本日はダージリンのOPとアッサムのBOPで実習していただきました。

 

実習は必ず一人1回から2回していただきます。

今回の基本のストレートティーの入れ方は、バッチリマスターしていただけたようです。

 

 

実習の後はお楽しみティータイム。

毎回美しくコーディネートされたテーブルとハンドメイドのお菓子をご用意。

今回はビクトリアケーキをご用意しました。

お口に合いましたでしょうか?

 

 

久しぶりの紅茶教室、しかも素敵な生徒様にお集まりいただき嬉しいです。

来月はシャリマティーなど紅茶+αの美味しい入れ方をお教えします。

どうぞお楽しみに!

 

 
いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位に復活!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年3月30日

紅茶を美味しく入れるための道具たち!『紅茶教室』

桜が美しい季節にになりましたね。

お花見を計画なさっていらっしゃる方も多いと思います。

週末もお天気が良いといいですね。

 

さてエレアカは紅茶教室『紅茶の美学セミナー』を開催しました。

紅茶教室は好きなのですが、久しぶりとなります。

エレアカBLOGでもご紹介することが少なかったかと思いますが、

これから毎月リポートをお目にかけますよ。

 

エレアカのお紅茶教室は3部構成。

①セミナー 歴史や茶葉についてなど、紅茶の知識を学びます。

②紅茶の入れ方実習 キッチンで色々な紅茶の入れ方を4~5種類お教えします。

③ティータイム 美しくコーディネートされたテーブルでおしゃべりをお愉しみいたたきます。

 

 

第一回目の今回のセミナーでは、紅茶を美味しく入れるお道具をお目にかけました。

まずティーポット。

茶葉がジャンピングしやすいように丸いボール状をしたものです。

縦長い筒状のポットはコーヒー用。

素材はポーセリン、ボーンチャイナ、シルバーなど。

シルバー製だと、ひとつで色々な食器に合わせることが出来るので便利ですが、

ティーカップとポットは共のものを使うのがエレアカ流。

 

紅茶を保存するための缶などの容器。

茶葉は開封したら一週間で使い切るのが理想。

少なくとも一ヶ月で使い切りましょう。

紅茶の茶葉は湿気を嫌うので、二重蓋などしっかり密閉されるものを。

光も劣化の原因になりますので、ガラス瓶に入れる時は容器は戸棚にしまいましょう。

 

 

こちらはティーキャディースプーン(茶さじ)とティーストレーナー(茶漉し)。

シルバー製のもので細工の綺麗なものを使うと、優雅な気持ちになれます。

ティーキャディースプーンを使わない方も多いですが、

一杯で3g計れるように作ってあり、確実に美味しい紅茶を入れるためには必需品。

エレアカではガラスポットで蒸らし、本番のポットに移すので、

ティーストレーナーはあまり出番がないかな…。

 

 

茶葉を蒸らす時間をはかるための砂時計。英語で言うとhourglass(アワグラス)。

サンドタイマーとかかな?と思っておりました…。(^^;

紅茶をいれるために購入するなら、3分計を。

シルバー製など優雅なものが欲しくてよく探すのですが、あまりなく…。

スズランのレリーフのものとかあれば嬉しいな♡

お見つけになったら教えて。

 

 

そして、ティーコーゼー(tea cozy)とポットマット。

ティーコーゼーはポットの表面を覆って熱が逃げるのを防ぎ、

ポットマットはテーブルに敷いて、ポットの底から熱が逃げないようにし、

紅茶が冷めないようにします。

 

紅茶を蒸らすときのためのキッチン用とおもてなしのテーブル用を用意します。

熱さは美味しい紅茶のとても大切な要素。

使用するかしないかでは全く、美味しさが変わってくるので、どちらも必需品。

 

おもてなし用ティーコーゼーはエレアカではティーセットや季節に合わせて毎月変えます。

大きいものは日本ではなかなか手に入りにくいので、

海外に行ったときに購入したり、お土産にいただいたり。

最近では刺繍教室でも作っています。

 

本日は紅茶を美味しく入れるための道具についてお話ししました。

明日はお教室の様子をリポートしますね。お楽しみに!

 

 
いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!エレアカBLOG今日は何位?頑張ろうね~♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年3月29日

エレアカガーデンにフラワーフェアリー(花の精)がやってきた!

まだまだお寒いですね。

春の装いでお出かけしたいけれど、衣替えもなかなかできません。

でもエレアカガーデンにはフラワーフェアリー(お花の精)たちががやって来ています。

 

 

グリーンのクリスマスローズは、随分背丈が大きくなりました。

色や形が大好きでとても丈夫な種。

もう切り花にしてお部屋に飾れそうですね。

 

 

薄いピンクは先日までムーミンのニョロニョロみたいでしたが、

クリスマスローズらしくなりました。

「まあ、すっかり綺麗になって…!」

なんだか知人ののお嬢さんの成長に感動するみたいですね。(^^;

 

 

こちらはダークピンク(えんじ色)。

クリスマスローズはすべてダイダイの木がある東の小庭に咲いています。

キッチンの窓から見えるので、この季節いつもつま先立ちで食器洗いしています。

今年は例年より花茎が少ないような…肥料が足りなかったかしら?

でも咲いてくれて有難う。

 

 

お教室のお部屋前の細長い花壇にはネモフィラが青い花を咲かせました。

こちらのネモフィラ、葉がシルバーリーフという珍しい種類。

私の好きなホワイトフラワーにシルバーリーフは欠かせません。

ここには白のビオラとガーデンシクラメン、クリーム色のチューリップを植えています。

左下は、花はまだですがチューリップ。

 

 

メインガーデンには水仙マウントフットが咲いています。

白い大きな花びら、クリーム色の副冠、少し青み掛かった葉…

春の喜びを感じさせてくれるお花です。

 

 

スノーフレークもようやく咲いてきました。

母は娘時代、「これが本物のスズランだったらいいのに…」と思っていた、と

良く申しておりましたが、

私はスノーフレークも大好き。見て!花びらの先に緑のドット。

なんてお洒落さんなのでしょう!

 

4月5月がエレアカガーデンが最もにぎやかな季節。

「今日は何が咲いたかな?」と朝食前にお庭に出るのが日課となります。

生徒様もエレアカにお越しの際はどうぞお庭を散策して下さいね。

 

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!エレアカBLOG今日は何位?頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年3月28日

新作はユニクロのリネンブラウスにバラの刺繍。 『フランス刺繍教室』

風は強かったですが、今日はだいぶ暖かかったですね。

家の前の桜もちらほら咲いてきました。今年はお花見したいな~。

 

さてこのところ生徒に課題を出すばかりで、

自分では作品をなかなか作らない(…というか、作れない)状態が続いておりましたが、

ようやく新作できました。

 

 

リネンのノーカラーブラウスにバラの刺繍。

ブラウスはユニクロのイネスライン、フレンチリネンシリーズです。

わたくしがいつも刺繍をするためのリネン製品を求めるのは、自由が丘に本店のあるLino e Lina。

センスも質も素晴らしいのですが、ブラウス一枚で2万円と衣類はかなり高価…。

う~ん、う~ん…と迷っていると、

「せんせー、最近ユニクロでもリネンブラウス豊富ですよ~。」

え?ユニクロにリネン?( ゚Д゚) あ…でも悪くない…。

いいえ、質もデザインもなかなか素晴らしいのではないでしょうか!

ネットならサイズも豊富。

 

 

胸元に一重の薔薇をシンプルに一輪。

花びらが散った後と、それが実になったところもプラスして。

糸はDMCの25番と5番。キラキラせず優し気ですよね。

ステッチはサテン、アウトライン、ストレート、フレンチナッツ、コーチング、リーフ

基礎コースで習得いただく ごく簡単なものだけで作っています。

 

裾と袖のレースが少し貧弱なので、

Lino e Lino からリネンレースを取り寄せてつけるつもり。

 

最近急に人気の出てきたエレアカの『フランス刺繍教室』。土日平日に現在4クラス開講しています。

進行状況が違っても同じクラスで学べますので、日程がご都合に合えばご参加いただけます。

ご興味があったら、お声掛けくださいね。

 

 

 
いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!現在4位。頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。