2017年7月31日

エレアカ7月のダイジェスト テーブルコーディネート、おもてなし、刺繍、紅茶、お菓子…

じたばたしているうちに、7月最後の日になりました。

本日は恒例、一ヶ月の総集編をお届けしますね。

 

まずはテーブルコーディネート教室『食卓の美学セミナー』から。

 

 

夏の和のおもてなしをテーマにテーブルコーディネートをしました。

和食器を中心に銀器やガラスを加えて、透明感とさわやかさを出しています。

 

 

7月のテーマは『ガラスの知識』でした。

歴史から、製造方法、グラスの種類、メンテナンス、メーカーなどについてお学びいただきました。

 

 

『おもてなし教室』のテーマはホスピタリティーの理念

もてなしのための三つのシステム。覚えていらっしゃるでしょうか?

「装置によるもてなし」、「自然のもてなし」、「人によるもてなし」でしたね。

 

 

奉仕の精神についてもお話ししました。自己表現と奉仕は精神の糧

この夏は余暇の一つとして奉仕活動に取り組んではいかがでしょうか。

 

 

刺繍教室は、一つのクラスで皆様違う作品を制作して下さっています。

↑はミモザのハンカチーフ

他にも忘れな草のポケットティシュケース、デイジーのコースターなど…。

可愛いお花のモチーフを刺しながら、ステッチを覚えていただきます

 

 

ポピーのエプロンを作ってくださっている方も。

基礎コース修了なさったら、ほとんどのものがお出来になりますので、

「○○がしたい。」とリクエストください。次回までに材料ご用意いたします。

 

 

久々の私の新作。白いお花を集めたリース

リボン刺繍以外は基礎コースでお教えしたテクニックで出来ちゃいます。

 

 

↑自由作品もどんどんお作り下さい。キットを用いたり、本で勉強したり…。

お互い教えあえるのも、みんなで集まってすることの良いところ。

 

 

Cooking & Sweetsチーズケーキを作りました。

作るときは焼くのですが、冷凍保存できるので夏休みのおもてなしにぴったり!

 

 

紅茶教室ではアイスティーをお教えしました。

二度取りはすこし緊張しますが、基本の入れ方をマスターすれば、

フルーツを加えたり、ミルクや炭酸で割ったり、バリエーション楽しめます。

 

 

最後は刺繍教室でした。

ラベンダーのポーチ、ご旅行にプレゼントにどうぞご利用くださいね!

 

生徒の皆様、お暑い中お運びいただき有難うございました。

9月に再び、皆様のお美しい笑顔を拝見できますことを 心待ちにいたしております。

お健やかに良い夏をお過ごしくださいますよう…。

 

コチラ↓をクリックして、エレアカ応援よろしくお願いします!


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年7月30日

素晴らしい白糸の縁飾りドイリー、糸の新・収納法 『フランス刺繍教室』

7月最後の日曜日は『フランス刺繍教室』を開催しました。

課題は、いかがなっていますでしょうか?

 

 

素敵!ラベンダーのポーチをお作りいただきました。

風にそよいでいる感じが、とても良いですね。さわやかな香りがしてきそう。

前回のお教室の三日後にはもう出来ていたそう。

コーチングとチェーンステッチ、新しいステッチが二つもあったのに、

素晴らしいです。

 

自由作品もお見せくださいました。

 

 

 

白糸刺繍のドイリー。中央の風車と四角いラインをなさったのかと思いきや…

な、なんと!周りの縁どりからすべてご自分でお刺しになったんですって!

えええ~!?凄すぎる~!( ゚Д゚)

キットだそうですが、いったい何日、いや、何週間かかったのでしょうか?

わたくしには絶対無理です…。グラグラ…(*_*)

 

そしてこちら↓も見て。

 

 

ん?透明プラケースに刺繍糸…。いいえ、それだけではありません。

こちらを開くと…

 

 

ジャ、ジャ~ン!

フックが数個ついていて、色別に糸がリングに通してあるの!

凄いアイディア!( ゚Д゚)

糸が増えると収納が難しいですものね。

これだと、グリーン系、青系などから使いたい糸が見つけやすい!

道具はほとんど百均で揃えたんですって。

刺繍糸のベスト・オブ・収納法ではないでしょうか?

 

 

さて今回はラベンダーのエプロンをお作りいただきます。

次のレッスンまで2か月ありますが、一週間かからないでお出来になると思いますよ。

 

 

お暑いところお運びいただきまして、有難うございました。

今日も楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

次回まで少し間が開きますが、

お体に気をつけて、良い夏をお過ごしくださいね。

9月にお目にかかれますこ楽しみに致しております。

 

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援よろしく!頑張ろうね♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年7月29日

リプトンティーの創業者 サー・トーマス・リプトンとは? 『紅茶教室』

本日は、リプトン紅茶の創業者についてお話しさせていただきますね。

 

サー・トーマス・リプトン

 

スコットランドの商業都市ドラスゴーで小さな食料品店の息子として生まれたトーマスは、

10歳にして父親よりも手の小さな母親のほうが卵を売るのに適していると気がついたほどの利発な少年でした。

弱冠15歳にして単身、新天地アメリカにわたり、4年間様々な体験をして、

ふたたび故郷ドラスゴーで父の店を手伝います。

 

1871年、21歳で独立して食料品店を始めた彼は、サンドウィッチマンやパレード、ポスターなど

アメリカ生活で培った宣伝のアイディアを次々に打ち出し、

10年後にはドラスゴーで20件以上の店を構えるようになります。

 

その頃まだ高価だった紅茶を扱い、日常的な飲み物として定着させ、

また紅茶と水の関係にいち早く目をつけ、

「あなたの町の水に合った完璧なリプトン紅茶」のキャッチフレーズで紅茶を世界に広めました。

1870年代にはセイロンのコーヒー園の全滅に伴い茶園の開発にも積極的に投資して大成功をおさめ、

1890年代にはアメリカに進出し、ボストンティーパーティー以来、

紅茶離れしていたアメリカに、再び紅茶を広めました。

1895年にはビクトリア女王からナイトの称号を授かり、

晩年には福祉事業に打ち込み、1931年に永眠しました。

 

ウィキペディアより

 

リプトンの成功のもとになったのは『生産者から直接買いなさい』という母の教えでした。

生産者から直接仕入れれば、中間マージンがないので、それだけ安く売ることが出来ます。

食料品だけに、消費者にとっては新鮮さというメリットも大きいですね。

紅茶の売買を手掛けるにあたっては、茶の産地セイロンにまで渡っています。

 

http://akujunkan.blog57.fc2.com/blog-entry-261.html

 

彼はキャッチコピーの天才でもありました。「あなたの町の水に合った…」以外にも、

以下のような有名な文句があります。

“from the tea garden DIRECT to the tea pot”「茶園から直接ティーポットへ」

青々と広がるいちめんの茶畑、それがみるみる家庭の一個ティーポットの中に吸い込まれていく…

そんな情景が目に浮かびますね。

 

 

生涯独身を貫き、仕事に人生を捧げたリプトン。

その情熱は”リプトンティー”へと昇華し、今でも125か国以上の国々で愛されています。

 

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね!


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年7月28日

美味しく美しいアイスティーで夏を乗り越えよう!『紅茶教室』

本日はお紅茶教室『紅茶の美学セミナー』を開催しました。

 

エレアカのお紅茶教室は3部構成。

まずは紅茶の歴史や知識などのレクチャーを↓奥の長方形のテーブルで

レジメにそってお話します。

 

 

本日のテーマはもちろん「アイスティー」。

アイスティーの誕生の逸話とトーマス・リプトンの伝記、

そしてアイスティーに向く茶葉や従来のアイスティーの作り方の問題点などをお話したのち、

キッチンに移動して実習です。

 

 

↑エレアカのキッチンお料理教室おもてなし教室でも使用します。

 

 

アイスティーは水出しでも美味しくできますが、

茶葉の量が不経済なのと時間がかかりすぎる難点があるので、

エレアカのお紅茶教室では二度取り式をお教えしています。

手早く冷やして濾さなくてはならないので、すこし集中力がいります。

 

 

出来ましたアイスティーはいろいろとアレンジを楽しめます。

例えば、朝は氷だけでストレートを。

外出から帰ったら、炭酸とシロップをいれて、スパークリングアイスティー

夜はミルクとリンゴを加えて、アップルミルク・アイスティーを…。

ミントやグレープフルーツジュースを加えるのも良いですね。

 

 

実習後はホームメードケーキと共に、テーマのお紅茶をお楽しみいただきました。

実習でもたくさん冷たい紅茶を飲んだ後にごめんなさいね。

でも紅茶は体を温める作用がありますので、ご安心を。

 

 

お帰りには、毎回実習に使った紅茶50gをプレゼントいたします。

お家に帰って、忘れないうちにご自分で入れてみていただきたいからです。

今回はアイスティーにぴったりな“キャンディー”(セイロン)

タンニンが少ないのでクリームダウンしにくく、水色の美しいアイスティーが出来ますよ。

 

8月はお教室はお休みですが、

バリエーションに富んだアイスティーで暑い夏を乗り越えてくださいね。

 

 

 今日もお読みくださり有難うございます。
コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。