2017年10月31日

10月の幸せお菓子 洋梨のタルト 『Cooking & Sweets』

10月の最後の日は『Cooking & Sweets』を開催しました。

おもてなしのためのフランス料理とお菓子をお教えするこちらのクラス、

今月はお菓子の月。洋梨のタルトを作りました。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

 

まずはタルトの生地作り。

パート・スクレの材料は、薄力粉、グラニュー糖、バター、卵黄。

料理学校では手ごねで習いましたが、エレアカではフードプロセッサーで簡単に。

初めはサラサラ状態ですが、運転し続けるとまとまってきます。

取り出して手で円盤状にまとめたらラップに包み、冷蔵庫で30分以上冷やします。

 

 

その間にアーモンドクリーム作り。

材料はアーモンドパウダー、小麦粉、グラニュー糖、粉砂糖、卵、バター、

バニラエセンス、オレンジキュラソー。

こちらもフードプロセッサーでスピーディーに。タルト生地を作ったまま、洗わなくても大丈夫!

出来たら、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

 

 

その間にタルト台を作りましょう。

打ち粉をした大理石の台の上で、めんぼうを使って型より一回り大きく、生地をのばします。

 

 

めん棒に巻きとって、型の上に転がすようにして広げます。

手を使ってぴったりと敷きこみ、

型の縁を手で押さえるようにして、余分な生地を落とします。

(余った生地は型で抜いてクッキーにしてね!)

 

 

今回はタルト台の下焼きはしないので、底にアプリコットジャムを塗り、

その上に冷蔵庫から出したアーモンドクリームを広げて、

洋梨を薄くスライスしたものを乗せて、オーブンで焼きます。

 

 

焼きあがったら、アプリコットジャムを水で溶いたものを刷毛で塗ってつやをだします。

縁はサクサク、中はし~っとりな洋梨のタルトの出来上がり!

 

 

リクエストのアールグレイの紅茶をお入れして、ティータイム。

洋梨のタルト、生徒様からもご好評いただきました。お口に合って何よりです。

お忙しいところお運びいただきまして、ありがとうございました。

面白いお話、ためになるお話、びっくりするお話しいろいろ伺えて楽しゅうございました。

 

 

皆様とこうして楽しい時間を過ごせますことが、私の何よりもの幸せです。

来月もお待ちいたしております。

だんだん冬に近づいてまいりますのでどうぞお体に気を付けてお過ごしくださいね。

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね!!いつも有難う♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月30日

エレアカ流 ”見立て使い”のヒント 『おもてなし教室』

落ち葉が舞い、冬の訪れを感じる一日でした。もうすぐ11月…早いものですね。

 

10月の『おもてなし教室』「ニュー・ジャパネスクの考え方」と称して

自宅で行うお茶会をご提案いたしました。

 

 

お茶会なんて炉を切った茶室を持っていなければできない?

いいえ、亭主客ともに椅子に座って行う立礼式なら、十分に素敵なお茶会が開けます。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

またお茶の世界には「見立て使い」というものがあり、

あるものを茶道具に見立てて本来の目的とは違う使用法をすることができます。

本日はエレアカ流「見立て使い」のヒントをお目にかけますね。

 

 

まずはこちら↑。デルフト陶器を銘々皿に見立てています。

デルフトはもともと東洋の染付をモデルにして作られた焼き物ですので、

和にとても良く合います。

 

 

茶事に使用する抹茶を入れる蓋つきの漆器のことをお棗と言いますが、

ポーセリンのシュガーポットやガラスボンボニエールをお棗に見立てて

↑は上から時計回りにボヘミアンガラスのシュガーポット、アウガルテンのボンボニエール、

日本の若い作家の蓋付椀。切子などを用いても素敵そうです。

 

 

ホット・ウォーター・ケトルを風炉に見立てて。

ウォーマー付きホットチョコレートポットやロシアのサモワールなどでも素敵!

 

 

手前の二つはポルトガル製のボウル。茶碗に見立ててお茶を点てます。

後のイタリー製の鉢カバーと鳥の絵が素敵なシャンパンクーラーは

湯こぼしに見立てては?

 

 

菓子器としてシルバー製のハイティースタンドを用いるのも素敵。

セットしたお皿はリモージュのシテコロ社製ですが、不思議に和の雰囲気。

 

 

ガラスの和食器を花器として、お花を浮かべるように活けました。

こちらも見立て使いと言っていいかも。

 

エレアカ流見立て使いのポイントは、格の高いものを用いること。

ブランドものである必要はないので、

陶磁器は生地の質がよく、絵付けにセンスが感じられるもの。

銀器はメッキがある程度厚く、デザインに品があること。

ガラスは色付きガラスであっても透明感が高く、形が美しいもの。

見る目を養う必要がありますね。

 

 

皆様もご自分の食器棚を見渡して、見立て使いが出来そうなものを探してご覧になりませんか?

きっとホステスのセンスが光る素敵なお茶会になりますよ。

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね!!いつも有難う♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月29日

『和食のマナー お食事会』 IN 福岡なだ万 『テーブルコーディネート教室』

本日は『食卓の美学セミナー』の10月のテーマである

“和食のマナー”のお食事会を開催いたしました。

悪天候が避けられ、ほっ…。

 

場所は『福岡なだ万』さん。グランドハイアット福岡の5Fにあります。

ハイアットオープン時から母のごひいき。いつもお世話になっております。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

ご参加くださったのはコチラ↓

 

 

“食美”の日曜クラスからと火曜クラスからそれぞれ一名。そして刺繍教室から一名です。

生徒同士は全員初対面でしたので、私がご紹介を…。

ええっと…自分と親しい人を付き合いの浅い人に紹介するのだから…。紹介のマナーも大切です。

さて皆様お待ちかねお料理披露、行きますよ~!

 

 

一の膳は手前から時計回りに、蛸の煮付け、ピスタチオのごま豆腐、

銀杯に盛ってあるのはほうれん草のお浸しです。

お家でも良く作るお料理ですが、器が素敵ですよね。立体感が素晴らしい!

 

 

お造り二種盛りには酢醤油とお刺身しょうゆをお好みで。

織部焼の笹型皿にかき氷をしきつめ、アクリルの橋の上に楓の葉の形の小皿とカボスを器に…。

 

 

鰆の木の実焼き。揚げ稲穂、蓮根煎餅、公孫樹万重。

竹の皮のお家の中に隠されていて、ひらくと現れる仕掛けが楽しい。

鰆は田楽のように白みそを乗せて焼いてあり、美味。

 

 

合鴨の難波焼き。蓮根餅、かもじ万十。

お箸で切れない…と思いましたら、お肉(鴨)でした。

「すわ”しのび食い”か?( ゚Д゚)」と思いましたが、一口で頑張りました。

 

 

蟹と百合根薯蕷揚げ 茸フリッター、檸檬。

揚げ物がサクサクで、もちろん温かくてうれしい!

 

 

里芋阿蘭陀 菊花餡 柚子。

お家でも良く作ります。こちらはけっこう里芋固め。

餡のお味がちょうど良かったです。

 

 

炙り締め秋刀魚 柿膾 蕪 菊菜 菊花 柑橘ゼリー

赤紫は菊の花びら、緑は春菊と思います。

地味になりがちな焼き物がここまで華やかに。

 

このあと茸の炊き込みご飯と赤出汁のお味噌汁。

お食事とお話に夢中になって、写真撮るの忘れてしまいました。(>_<)

 

 

甘味は、イチジクとクルミのカスタード寄せ ザクロのゼリー。

 

本日もとても綺麗で美味しゅうございました。なだ万さん有難うございました。

生徒様も、ご参加有難うございました。

楽しいお話を伺いながら良いひとときを過ごすことが出来ました。

また11月のそれぞれのクラスでお目にかかれますこと、楽しみに致しております。

 

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね!!いつも有難う♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月28日

エレアカ刺繍工房!?『フランス刺繍教室』

明日は台風接近!和食のマナーのお食事会なのに!?( ゚Д゚)

ご出席のお届けを頂いている皆様、危険を感じたらご欠席くださいね!

くれぐれも無理はなさいませんように…。

わたくしの望みはいつも皆様の安全と幸せです。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

さて雨の週末となりましたが、エレアカはフランス刺繍教室を開催いたしました。

本日いらしてくださったのはこちら↓

 

 

とても素敵なお嬢様なの。温かい家庭で丁寧に育てられた…という感じで、

教養があって、考え方がしっかりしていて、お肌もとっても綺麗!

お目にかかるとほっこり幸せな気分になります ♡

エレアカの刺繍教室は6年目になるかと思いますが、始めて良かったな。

 

話は変わりますが、実は当刺繍教室ちょっと面白いことになっておりまして…。

広告代理店からのご依頼でギフトカタログの表紙や裏表紙、挿絵として

エレアカの刺繍が使われることになったのです。

生徒の作品(すでに作ったもの)から、ひとり一点ずつ選び、

わたくしは表紙などを数点、オリジナル制作いたします。

まるで刺繍工房!( ゚Д゚)

 

 

こちらの生徒様からも作品お借りいたしました。

来月のお教室にはお返しできると思いますので、しばらくお貸しくださいね。

 

単なる個人の楽しみとしてしていた刺繍が、認められて、

何かのお役に立つなんて嬉しいですよね!

そしてその喜びを生徒様と分かち合えることを幸せに存じます。

 

これからも生徒の皆様と楽しい出来事や時間の分かち合いさせていただきたく、

クリスマスイベント、サロンコンサートなど、色々計画中です。

お教室や当ブログで随時お知らせいたしますのでどうぞお楽しみに!

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね!!いつも有難う♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月27日

イタリー製ワゴンでお点前を…エレアカ流立礼式お茶会 『おもてなし教室』

暑い…お洗濯した夏服を着てしまいました。

畳んで箪笥にしまおうと思っていたのに~。片付かないじゃない。(>_<)

 

今月の『おもてなし教室』は「ダイニングテーブルでのお茶会」がテーマです。

さて本日はエレアカのお茶事の様子をお目にかけます。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

 

ホステスが”亭主”としてお点前をしますのは、象嵌が美しいイタリー製ワゴン

釜はホットウォーター・ケトルを見立て使いします。

 

まずは普通のお点前同様、棗や茶杓などを袱紗で拭いて清め、

それから茶碗を温めると同時に茶筅を検めます。

ここでお客様にお菓子を勧め、正客から取りまわしていただきます。

 

 

お菓子は春日に本店のある富貴さんの上生菓子。

手前より時計回りに「唐錦」、「上用万重」、「こずえ」、「和栗きんとん」

富貴さんは母が「おもてなし教室」を始めた頃からのおつきあいと思います。

かれこれ30年?! お世話になっております。

 

正客は次客に「お先に」と言ってから自分の皿にひとつとり、次客にまわします。

正客は次客がとりやすいように菓子器をむけてあげましょう。

 

茶道のお菓子はあくまでお茶を美味しくいただくためのもの。

お菓子を食べきってから、お茶が出されますので、

出されたら点て立ての美味しいうちに(全員に配られるのを待たずに)、

「お点前頂戴します」と言っていただきます。

(口にはださず、礼だけする場合も。正客に倣いましょう。)

 

 

お茶をいただくときは、次客以降は「ご相伴、頂戴します」と言い、

自分の次席の人に「お先に」と言ってからいただきましょう。

飲み終えたら「結構なお服加減でした」と言いますが、

素直な言葉で「美味しゅうございました」も亭主は嬉しいものです。

感謝、謙虚さ、気兼ね…そういった敬意の気持ちが大切。

 

もちろん亭主もいらしてくださったお客様に対して、

感謝と謙遜な気持ちをもって、丁寧にお茶を点てます。

けれどもこういった姿勢はけっして、茶事に集った人たちだけに

向けられているのではないでしょう。

 

 

茶事に用いるいろいろなお道具を作ってくださった方に対して、

作物を育てた大地と雨の恵み…神羅万象に対して

またこのような機会を持てたということ…一期一会に対する

感謝、敬意、謙虚な気持ちなのです。

 

皆様も日常に追われざわついた気分の時がございましたら、

お茶を点ててごらんになりませんか?

きっと清らかな感謝の気持ちがよみがえってくると思いますよ。

 

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね!!いつも有難う♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月26日

秋はダイニングテーブルでお茶会を… 『おもてなし教室』

本日は『おもてなし教室』を開催いたしました。

今月のテーマは「ニュージャパネスクの考え方」

現代は純日本人でもフローリングにカーペット、ドア、ダイニングテーブルと

洋風ベースの生活をなさっている方が多いと思います。

その中でいかに和のしつらえを取り入れ、日本の精神を表すかが今回の課題。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

 

「ダイニングテーブルでのお茶会」のための食卓です。

生成り麻生地に刺繍が見事なレースのテーブルクロスの下に、

えんじ色のクロスを入れて、カットワークの隙間から色を見えるように…。

お盆は朱塗りの丸盆菊割で、この上でお菓子とお茶を召し上がっていただきます。

 

 

10月は”名残の茶会”。簡潔の美を追求する茶の湯ので、唯一

お花をたくさん飾ることのできる月です。

秋のお庭に咲いているお花をすべて集めて…という趣旨ですが、

エレアカは茶会といえどもゴージャスに!

 

紫の菊は”アナスタシア”。バラ”オークランド”、銅葉が美しいドラセナ、

利休草、カラー。スモークグラスや雪柳で秋の風情を…。

 

 

こちらに側からはアママリス、カンガルーポ、糸菊、蘭バンダが見えます。

テーブルのお花は四方見に活けますが、このように四方表情を変えるのがエレアカ流。

 

 

主菓子のための銘々皿は、オランダのデルフト陶器。一見染付の器に見えますね。

こちらお茶碗は高麗陶器の三島手。灰色の素地に菊花の紋を型押しし、

その部分に白土を象嵌し、透明釉薬をかけて焼きあげます。

野菊がたくさん咲いたようで、とても可憐。

 

 

こちらは薩摩焼。母が鹿児島に講演に呼ばれたときに、

ギャラをすべてはたいて購入してきたというもの。

その時は「な、何やってるの~!?」( ゚Д゚)と思いましたが、

素地、造形、絵つけ、品格…確かに素晴らしいです。

有難う、素晴らしいもの遺してくれて…。大切に使います。

 

ナフキンは緑色のちりめんの小風呂敷を、ツバサに畳んでいます。

おしぼり置きは竹籠。黒文字の代わりに金のミニフォーク

洋モノをどれだけ入れるか…センスを問われるところですので慎重に。

 

さあ、こちらのテーブルでどのようにお茶会が行われるのでしょうか?

その様子は次回お目にかけますね。

どうぞお楽しみに!

 

コチラ↓をクリックしてエレアカBLOGを応援してね!!いつも有難う♡


にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。