2018年11月1日

「見立て使い」のアイディアとポイント。『おもてなし教室』

ダイニングテーブルで食事をし、ベッドで休む…。

普段そういう洋風な生活を送っている私たちにとって、

日本の伝統文化はもはや非日常。

10月のおもてなし教室のテーマ『ニュージャパネスクの考え方』では、

新鮮な感覚で、茶道をもてなしに

取り入れてみましょうという趣向で開催いたしました。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

 

茶道と言っても畳も障子もないエレアカでのお茶会は立礼式

立礼棚の代わりに、イタリア製のワゴンを用い、

風炉の代わりに、ホットウォーターケトルで湯を沸かします。

 

 

このように本来の用途とは違った用い方をすることを、

茶道では「見立て使い」と言います。

例えば上の写真のボンボニエールを棗に見立てて、お抹茶を入れる、

 

 

ハイティースタンドを菓子器に見立て

生菓子とお干菓子を二段に置くなど、工夫次第でいろいろ楽しますね。

 

「見立て使い」のポイントは「ないから代用品で間に合わせる」のではなく、

「こちらを使った方がもっと素敵だから!」

という意識で、格の高いお品を用いること。

いつもの洋風のもてなし同様、色々な工夫で

あなたらしいおもてなしをしてくださいね。

 

 

ブログ村からお越しの皆様、お帰りはコチラ↓いつも有難う♡


にほんブログ村

 

エレアカ@ライン会員募集中

友だち追加

 

インスタグラムもやってます。エレアカの素敵なシーンを一気見して♡

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
E-mail : info@elegantlifeacademy.com
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。