2015年11月25日

英国式ティータイムの楽しみ方①・紅茶の飲み方。

英国式紅茶のいただき方を紹介します。

まず、テーブルセッティング。席の正面にプレート。

プレートの右にナイフ、左にフォークをセット。フォークは腹側を上にが英国式。

ティーカップ&ソーサーはプレートの右側。

 

IMG_0978_R

 

ティースプーンはソーサーの上、英国式はカップのハンドルの下あたりに縦に置きます。

動線を簡潔に、というのがテーブルセッティングの基本理念です。

 

IMG_0979

 

次にいただき方、お砂糖またはミルクを入れ、スプーンを使って混ぜたあと、

スプーン先を紅茶の水面に付けたまま2秒間とめます。

スプーンについた紅茶液がすべてカップの中に戻ります。

 

IMG_0980

 

使用済みのスプーンはソーサーの上、カップの後に横に置きます。

まったくといっていいほど、ソーサーに紅茶液がつきません。

使用していない場合も同様にした方が、いただきやすいでしょう。

 

IMG_0981

 

右手でハンドルをつまむようにしてカップを持ち上げ、口元まで運びます。

カップに左手を添えてはいけません。

 

IMG_0997

 

カップに手を添えない

カップに左手を添えてるのはNG。

左手はテーブルの上、プレートの左下あたりに添えるか、

プレートがなければ、ソーサーに添えてもOKです。

どんなに熱くてもすすりこんで、音を立てて飲んではいけません。

 

使用したスプーンを振って、紅茶液を落とそうとしていませんでしたか?

もちろん舐めたり、スプーンをカップの縁にこすりつけたりしてもいけません。

一番多いNGは紅茶をいただくときに、カップに左手を添えてしまうこと。

日本茶では、左手を添えなくてはいけませんが、紅茶では添えてはいけません。

少し難しいですね。

 

英国風の紅茶のマナーを身につけると、ティータイムはただの休憩時間ではなく、

エレガントで上質なひとときとなります。

 

エレガントライフアカデミーの紅茶教室『紅茶の美学セミナー』では

いろいろな紅茶の入れ方だけでなく、紅茶の歴史、英国紅茶文化、

ティーパーティーのマナーも実践しながらお学びいただけます。

 

1月から新クラス開講します。お問い合わせはコチラまで。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
住所:福岡県福岡市南区若久2-36-35
TEL:092-511-7639
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月24日

自宅で大切な方をおもてなし。『おもてなし教室』

本日はとても大切なお客様をお迎えしました。

20年以上、母をいつも応援してくださった方です。

お目にかかれるのが楽しみで、うきうきしながら、

テーブルのお花を生け、タルトを焼き、お約束の時間を待ちします。

準備の時間も楽しい時間です。

 

IMG_0972

 

IMG_0971

 

お花のお届けがありました。お約束のお客様から事前の贈り物です。

今日は母の月命日・・・なのです。

 

IMG_0964

 

とても綺麗。母がとても喜びそうなアレンジメントです。

お花に囲まれて、写真の母も嬉しそうです。

 

IMG_0969

 

葬儀の時ぶりにお目にかかりました。お顔を拝見するだけで、胸がいっぱいになります。

形見の品をうけとっていただきました。

 

IMG_0973

 

今の私にとって母の想い出を語り合えることが、何よりもの喜び。

今日はたくさん、お話しできてとても嬉しかったです。

心より、感謝申し上げます。

 

またお目にかかれます日まで、どうかお健やかに、お幸せにお過ごしくださいますよう・・・。

 

IMG_0975

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
住所:福岡県福岡市南区若久2-36-35
TEL:092-511-7639
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月23日

もてなしための インテリア くつろぎのためのインテリア『おもてなし教室』

11月のおもてなし教室テーマは『もてなしのための くつろぎのためのインテリア』です。

新築のお家の家具選びに参考にしていただけるのはもちろん、

今お住いのお家をもっと素敵に、もっと居心地よくしていただけるヒントがいっぱい。

エレアカ流インテリアコーディネート術を公開します。

 

① 各部屋ごとにテーマを考えましょう。

例えば、玄関のテーマは『ようこそ』の気持ち、リビングのテーマはもてなし易さ、など。

 

IMG_0591

 

IMG_0707

 

② テーマカラーと”主役になるもの”を考えます。

例えば、リビングのテーマカラーオフ白。

主役になるものは”ローラ・アシュレイ”のソファーなど。

 

IMG_0800

 

IMG_0801

 

③ テーマカラーと”主役になるもの”に良く調和する家具やスタンドなどを

その部屋に集めます。新たに購入する必要はありません。

家中に散らばっている、雰囲気の合うものを一部屋に移動させてください。

例えば、籐製。マホガニー調家具。白木、真鍮など、素材感で揃える

モダン、クラシック、エレガントなどテイストで揃えても良いでしょう。

 

④ ②の主役にしたいものをお部屋のフォーカルポイント

(部屋の入口に立ったとき一番に目が行くところ、正面奥)に配置。

素敵じゃないけれど、なくてはならないもの(ゴミ箱、電話、家電など)

 死角(一番目立たないところ、手前隅)に配置します。

 

IMG_0588

 

これだけで、お部屋にテーマ性と統一感が出てかなり、素敵になるはずです。

いっぺんに全部屋するのではなく、「今月はこのお部屋を」とすれば、

それほど大変ではないはず。

 

最後に写真に撮ってみて、じっくり検討。「ここにこんなものがあったら、絶対素敵!」と

頭にに浮かんものがあったら、ショップを回って探します。

ぴったりのものに出会ったら、少々高価でも購入。

いまいちなものは購入していけません。