2017年1月21日

フランス刺繍教室 初回リポート スターターキットの中身&レシピ公開!

朝、雪が積もっているかもと恐る恐るカーテンを開けると

嘘のような良いお天気に…( ゚Д゚)!

寒くないというわけではないけれど、せっかくの週末。

さわやかな気分で過ごしたいですものね。

 

さて本日はフランス刺繍教室を開催しました。

 

img_6224

 

基礎コースの第一回目。

まずスターターキットをお渡しして、道具の説明からいたします。

スターターキットの中身は、

フランス刺繍用針、刺繍枠、刺繍用ハサミ、チャコペン、練習用布とピーシングペーパー。

ハサミは持っている、針もある…という場合は必要なものだけご購入いただけます。

 

img_6216

 

2回目からは↑のような刺繍図案レシピのほか、使用する刺繍糸、ナフキンやコースターなどの素材をご用意します。

レシピには図案のほか、新しいステッチの刺し方や、ワンポイントアドバイスが記されています。

 

まずは練習用布に刺繍枠を付けて、基本のステッチの練習から。

第一回目はストレートステッチ、サテンステッチ、アウトラインステッチの三つを覚えます。

 

img_6212

 

レシピの図案をピーシングペーパーにボールペンで写し、刺繍したい布にアイロンで貼り付けて、

刺繍枠を付けて、先ほど練習したステッチで刺していきます。

図案は布にチャコペンで描くより、ピーシングペーパーを使った方がシャープな線がかけるのでおススメ。

糸はすべて50㎝ほどにカットして、ゆるく三つ組みにしておくと使いやすいです。

色番を記した帯を無くさないように。

 

img_6215

 

レッスン時間内にすべて仕上げるのは無理ですので、残りはお家で仕上げてください。2時間ほどで出来るはずです。

ピーシングペーパーの細かいところはピンセットを使って取り除き、アイロンもかけてきてくださいね。

 

img_6219

 

ティータイムにはレモンタルトとお紅茶をご用意いたしました。

少し酸っぱすぎたでしょうか?味がぼやっとしているよりいいかしら?

 

フランス刺繍教室初回いかがでしたでしょうか?

わからないことがあれば、いつでもお電話やメールでお尋ねください。

 

何事もまずはやってみることです。そうすると課題が見えてきますので、

次回はその点に気を付けて作品作りをします。

数か月後には自分でも驚くほど上達なさっているものです。

 

では来月お目にかかりますことを楽しみに…。

寒さの厳しき折、お体に気を付けてお過ごしくださいませね。

 
いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位に復活!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年1月20日

『ウェルテルとシャルロッテのすみれ色の恋…』1月のテーブルコーディネート

さ・む・い~!ブルブルブル~(>_<)。

ニ、三日暖かかっただけに、異常に寒く感じられますね。

と思ったら、『大寒』ですって!

この間の黒猫、大丈夫かな…?

 

明日からのフランス刺繍教室のティータイムために、テーブルコーディネートをいたしましたので、

写真にとってみました。

 

img_6197

 

母の一番好きな花、スミレをテーマにしたテーブルコーディネート

モアレ織のバイオレットのテーブルクロスに、スカラップのシェルマットを置いて。

 

img_6157

 

メインの食器はオールドノリタケの『スミレ』。大倉陶苑の『メイグリーン』を下に敷いています。

ナフキンはティーのテーブルらしく、レースのコットンに造花とリボンを付けてロマンチックに。

 

img_6158

 

こちらのティーカップ、外側は真っ白で、ソーサーとカップの中にのみスミレの柄が描かれています。

こういうところがコレクター心をくすぐる点なのだとか…。

 

img_6199

 

センターピースのお花は、鉢にヒヤシンスとムスカリとアイビーを寄せ植えしています。

土は見えないように、水コケで覆っています。春の球根植物の

固く冷たい土の中に根をのばし、光に向かってたくましく、そしてけなげに生え出る感じが好き。

このような寒い時期だから許されるアレンジメント。

 

img_6203

 

お花とともにフィギィアを飾るとテーブルに物語性が出ます。

彼の名は“ウェルテル”。花を手に、想う女性に捧げる詩を考えています。

 

img_6202

 

こちらはもちろん“シャルロッテ”

彼の想いなど気づかぬふり…。でももちろんわかっているのでしょう。

 

センターピースを挟んで、こちらとあちら…。

想いを告げあって、二人並んで歩くのはもう少し先かしら?

そう、でもライラックの咲く頃には、きっとね!

 

 

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位に復活!有難う♡

 

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。