2016年4月23日

18世紀のヨーロッパの華、 “ポンパドール夫人”。『食卓の歴史』

初夏の穏やかな一日となりました。余震もだんだんと減ってきたように感じます。

被災した皆様にも、少しでもホッとする時間があったことを祈ります。

 

さて昨日に引き続き、エレアカ4月のテーマ『洋食器の知識』に関する歴史エピソードとして、

ポンパドール夫人についてお話しをさせていただきます。

 

ポンパドール夫人はルイ15世の公式愛妾(公妾)として、

そのたぐいまれなセンスによってフランス国内のみならず、

18世紀のヨーロッパの芸術文化をリードした女性です。

 

ポンパドール夫人①

File:Boucher Marquise de Pompadour 1756.jpg – Wikimedia Commons

 

パリの銀行家の娘として生まれ、貴族の娘以上の高い教育を受けて育ったと言われる彼女は、

国王の愛妾になるという幼いころからの夢を実現すべく

あらゆる努力をおこたりませんでした。

あるとき、王のお気に入りの狩猟場であったヴァンセンヌの森に

狩猟の女神ダイアナに扮して姿を現した彼女は、王の目に留まることに成功し、

城への招きを受けるようになります。

 

けれども彼女は王にすぐ身を任せようとはせず、あくまで”公式愛妾”としての地位を望みます。公妾となれば、社交界で公に認められ、日々の生活はもちろん活動費など、

すべてが王廷費から支出され、女性として臨みうる最高の権力を持てるようになるのです。

一年後臨んだ通りの地位を得て、王宮に入った彼女はその魅力と才能で、

瞬く間にヨーロッパ社交界の華となります。彼女の身に着けたもの、食べたもの、しぐさ…

すべてが流行となり、ファッションのみならず、絵画や彫刻などの芸術、

建築様式も彼女の好みが 時代の最先端としてヨーロッパ中に広がり、

ロココ様式として今日まで残ります。

 

生活文化に造詣の深い彼女のこと、もちろん陶磁器に興味がないわけはなく、

もともと陶器に白い釉薬をかけたファイアンスを焼いていたヴァンセンヌ窯を、

自分の居城近くのセーブルに移転させ、より高品質な磁器を焼けるよう支援します。

『ローズ・ド・ポンパドール』は彼女が作らせた食器の一つ。

お気に入りの食器が出来るとお披露目パーティーを盛大に催したと言われます。

 

ローズ・ド・ポンパドール

http://www.metcorp.co.jp/item/calabre-tc-18eme-rose-n6/

 

このように多分野で活躍した彼女ではありますが、その実力を最大に発揮したのは、

なんと政治の分野でした。30歳を過ぎたころから、王と寝室を別にしたポンパドール夫人は、

今度は王の右腕としてフランス国内の統治のみならず、

外交にまで影響力を及ぼすようになります。

1756年、オーストリアのマリア・テレジア、ロシアのエリザベートと共に

プロイセンに対抗した『七年戦争』の反プロイセン包囲網は、

主導した三人の女性たちの貢献に敬意を表し、『三枚のペチコート作戦』と呼ばれました。

 

ポンパドール夫人は42歳で亡くなるまで、王の寵愛を受け、

遺体は王宮から出棺しました。(愛妾は死ぬ前に王宮から出されるのが通例でした。)

王は窓から遺体をのせた馬車が見えなくなるまで、見送り、

『今日、私は最大の親友を失った。』と語ったそうです。

 

ポンパドール夫人②

File:Pompadour6.jpg – Wikimedia Commons

 

封建社会の18世紀のヨーロッパで、男女を超え、身分を超えて、

国王に『親友』と呼ばれたポンパドール夫人。

自分に限界を設けず、あらゆる努力をして、女性として臨みうる最高の地位を手に入れ、

芸術文化のみならず、政治、経済の分野まで手腕を発揮しました。

 

ルイ15世が今日に至るまで、『太陽王』と呼ばれ、

18世紀フランスが、ヨーロッパの政治経済の中心として君臨したのは、

ポンパドール夫人の力があってこそのことだったといえるでしょう。

 

食卓を通して歴史を見てみると、女性の影響力の大きさに驚かそれます。

女性は政治の表舞台から追いやられていたと思われる時代…

もしかしたら男女平等が声高に叫ばれている今より、

その美しさや才覚、そして情熱によって女性たちは輝いたのかもしれませんね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
住所:福岡県福岡市南区若久2-36-35
TEL:092-511-7639
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!全国4位キープ中!応援、有難う♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

2016年4月21日

三つの窯を擁したヨーロッパの名家『ハプスブルグ家』とは?

今日は朝から大降りの雨…本来なら恵みの雨ですが、被災地のことが心配です。

土砂崩れに河川の氾濫…。

被災なされた方も、ボランティアの方も十分気を付けて、ご無理なさいませんように…。

 

4月のエレアカは、『洋食器の知識』がテーマ。

本日は18世紀ヨーロッパで三つもの窯を擁した名家についてお話ししたいと思います。

 

1708年、ヨハン・ベットガーがヨーロッパ初の硬質磁器の開発に成功。

翌1709年にアウグスト2世によりマイセン窯が設立されると、

ヨーロッパでは空前の硬質磁器ブームが起こります。

もともと王侯貴族がステイタスシンボルとして輸入された東洋磁器を壁に飾っていたところ、

マイセン同様自国で磁器が作れるとなれば、

国の大変な権威であると同時に莫大な富が得られると考えられたからです。

 

マイセンに次いで開かれたのが、オーストリアの『アウガルテン』

デュ・パキエ窯(ウィーン窯とも呼ばれる。)として創設され、

1744年、女帝マリア・テレジアによって皇室直属の磁器窯となりました。

白磁にグリーンのバラ模様の『マリア・テレジア』はこの窯の代表作です。

 

マリア・テレジア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A2

 

マリアテレジアの息子、フランツ・ヨーゼフも磁器窯のパトロンとなります。

それがハンガリーの『ヘレンド』。1826年ヘレンド村で創業。

16世紀よりマヨルカ陶器の産地として知られるこの地方で、

質の高い磁器生産を目指し、ハンガリー貴族の支持を得ることに成功。

高い技術、芸術性を獲得し、1842年には皇帝フランツ・ヨーゼフによって

正式に御用窯として承認されました。

イギリスのビクトリア女王に気にいられその名のついた『ビクトリア』、

マリア・テレジアに捧げられた『ウィーンの薔薇』

フランスのナポレオン3世妃ユージェニーお気に入りの『インドの華』など

ヨーロッパ磁器を代表する名柄がいくつもあります。

 

インドの華

http://www.herend.co.jp/products/fv/index.html

 

フランスのセーブル焼は、1738年に開窯。

ルイ15世の寵妃ポンパドール夫人の庇護を受け、1750年に『王立製陶所』となり、

1759年にセーブルへ移転、1769年硬質磁器を完成します。

『ブル・ド・ロワ(王の青)』という濃紺に金彩の飾り、『ポンパドール・ピンク』が有名。

マリア・テレジアの末娘であり、ルイ16世に嫁いだマリー・アントワネット

当時の大貴族たち同様、硬質磁器を愛し、パトロンとしてセーブル製のティーセットを

故郷の母や兄フランツ・ヨーゼフに贈っています。

 

セーブル焼き

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%AB%E7%84%BC

 

オーステリアの『アウガルテン』、ハンガリーの『ヘレンド』、フランスの『セーブル』…

三つの国のそれぞれの御用窯、全く別に見えて実は

一つの名家の後ろ盾があっての発展というわけです。

ハプスブルグ家が当時のヨーロッパに置いて、政治、経済、芸術…

すべての面に置いて如何に力を持っていたか分かりますね。

 

エレアカのテーブルコーディネート基礎コース『食卓の美学セミナー』

各月のテーマを歴史からお話しさせていただいております。

食器といった身近なところから見ると、

苦手だった西洋史も楽しく感じていただけるのではないでしょうか?

 

『食卓の美学セミナー』は月一回、全10回コース

火曜日と日曜日のクラスがあります。残席あり。

お問い合わせはコチラから。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
住所:福岡県福岡市南区若久2-36-35
TEL:092-511-7639
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!全国4位キープ中!お世話になっています♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

2016年4月20日

新入生を迎え、Happy満開 ♡ 『フランス刺繍教室』

被災地ではいよいよボランティアが現地入りして、支援物資の仕分けや配布、

かたづけなどを始まりました。頼もしいですね!

人を救うのは人の力です。わたくしたち一人一人は非力ではありますが、

集まれば大きな力になります。自分が何が出来るか考えて、小さなことから行動しましょう!

余震が続いております。ボランティアの皆さんも、ご無理ないように。

 

さてこのような中恐縮ですが、エレアカにはとてもHappyなことがありました。

それは…!!