2016年8月16日

『アロマテラピーの歴史③』 薬剤師カルペパー と 調香師ガットフォッセ

お盆休みが終わり、皆様そろそろ通常営業でしょうか?

お子様がいらっしゃる方は、またまだ夏休み中。

一日三回のお食事作りに追われながら、お勉強の進み具合をみつつ、

あと1~2回の近場へのお出かけを計画しようかどうか検討中…といったところでしょうか?

主婦にとっては、”夏休み”ではなく”夏仕事”。お疲れ様です。

 

さて、先日より『アロマテラピーの歴史』をお話ししております。

古代より宗教儀式、治療、美容に利用されてきた”アロマ=香り”ですが、

ヨーロッパでは中世以降民間によるハーブなどをつかった治療は、

魔女狩りの対象になる危険から、下火にならざるを得ませんでした。

詳しくはコチラ→アロマテラピーの歴史②

 

ハーブ療法の父 カルペパー

 

その弊害を免れたのが、カトリックの総本山ローマから

地理的にも宗教的にも距離のあったイギリスであり、

そしてハーブ療法の父といわれたニコラス・カルペパーです。

 

ニコラス・カルペパー

https://s3-media2.fl.yelpcdn.com/bphoto/jJLeP3f3wueJi4K0hlzPkQ/ls.jpg

 

1616年、広大な土地を有する名家に生まれた彼は、生まれる前に父を亡くし、

牧師であった母方の祖父の家で育ちます。

ケンブリッジ大学に入学するも、放蕩の限りを尽くし、父の遺産を使い果たし、

牧師を継ぐという条件のもと、母方の一族から援助を受けて学業を続けます。

ところがある女性に恋をし、駆け落ちの約束をした彼女は

カルペパーに会いにくる途中で馬車に雷が落ちて、亡くなってしまいます…。

 

自分を責め、ひどい神経衰弱に陥ったカルペパーは、母の必死の看病で回復。

しかし復学はせず、聖職に就くことも拒んだため、

親戚からの援助は打ち切られてしまい、一文無しに。

このショックから母は倒れ、回復せずに亡くなってしまいます…。

 

一念発起した彼は薬問屋に徒弟奉公に入り、親方亡き後薬屋を引き継ぎ、

薬草や医学の知識を深めていきます。自分の店を開業したのちは、

貧しい人からはお金を取らない一方、お金持ちには大金を請求するという姿勢が

民衆に受け入れられ、人気を博したといいます。

 

彼は自分のところまで薬を買いに来られない一般の人が

自分で病を治すために薬草を手に入れられるように、

英国薬局方』(薬の調合法や効能、注意点など薬のすべてが記されている)を

ラテン語から英語に直し、出版します。

当時の医学会から強い反発に会いながらも、ひるむことなく仕事を続けるも、

長患いの結核が原因で38歳でなくなりました。

 

近代アロマテラピーの生みの親 ガットフォッセ

 

19世紀に入ると植物から有効成分を抽出した薬が開発され、

ハーブや精油を使用した治療は時代のメインステージから姿を消していきましたが、

抽出された有効成分を組み合わせた薬の中には、効き目が強すぎたり、

期待していたのと異なる作用(副作用)がおきる場合もありました。

 

ガットフォッセ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8D%EF%BC%9D%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%BB

 

そうしたことに気づき、再びハーブや精油を用いた療法に注目したのが、

フランスの調香師であり化学者、ルネ・モーリス・ガットフォッセ(1881-1950)でした。

香料の輸出入をする会社の社長令息としてリヨンで生まれた彼は、

父の会社を手伝う傍ら、精油をもちいた治療の研究を進め、

研究をまとめた著作のタイトルとして『アロマテラピー』という言葉を

世界ではじめて使用しました。

彼は「自然物質は純粋な形で使うべきである」「全体は部分の総和より大きい」と唱え、

精油による治療の研究に生涯を捧げました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

イギリスのカルペパーとフランスのガットフォッセ、

植物の治癒力に注目し、それを世に広めたふたり。彼らがいなかったら、

今日私たちがこのように精油を利用したりはできなかったかもしれませんね。

 

明日は、『日本の香り歴史』、『今日におけるアロマテラピーの可能性』について、

お話ししたいと思います。どうぞお楽しみに♡

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!夏休み中も応援有難う!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

2016年8月15日

『アロマテラピーの歴史②』 香水大国フランスの起源とぺストの予防薬

 

終戦記念日でした。不戦の誓い、平和への決意…毎年耳にする言葉ですが、

今年はなぜかザワザワした気分になりました。

夏の選挙で改憲派が勝利しましたが、改憲派が改憲したくてたまらないのは憲法19条です。

19条こそが戦後71年間平和を守ってきた守護神であるのに、

それを改憲する気満々の人が、”不戦”?”平和”?…欺瞞としか感じられません。

 

折しも、天皇陛下が生前退位へのお気持ちをご表明なさったばかり…。

ご高齢ゆえご公務の責任がご負担であることはもちろん理解できますが、

生前退位のためには”改憲”せざるを得ず、

改憲とは天皇に権限のないはずの政治的行為であり、もしかすると改憲派が、

『ね!やはり憲法も時代と共に変わるべきよね。天皇陛下も望んでいらっしゃるし~。』

と勢いづくかもしれず…。

誰よりも平和を望んでいらっしゃる天皇陛下のお言葉が、

19条の改憲を図らずも後押しする結果になるとしたら、…皮肉なものですね。

 

さて、本日は昨日に引き続き、『アロマテラピーの歴史』をお話しさせていただきます。

 

フランスへ香水をもたらしたカトリーヌ・ド・メディチ

 

カトリーヌ・ド・メディチの婚礼

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33d/132523/20091025_724675.jpg?guid=ON&view=mobile&tid=7

 

1533年にはイタリヤのメディチ家から、フランスの王家に嫁いだ

カトリーヌ・ド・メディチにより、フランスに香水文化が伝えられます。

カトリーヌ・ド・メディチはルネッサンスの都、フィレンツェより

進んだ食文化をフランスにもたらしたことで有名ですが、調理人や菓子職人のほか、

薬剤師、調香師を連れ輿入れしたといわれ、

南仏グラースが香水産業の拠点となるきっかけとなります。

(メディチ家は銀行家として有名ですが、もともとスパイスや薬の商いで

財をなした家系であり、メディチmediciは薬や医者を意味します。英:medicine)

 

ペストの流行と魔女狩り

 

14世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパではペストが猛威を振るいます。

わずか3、4年の間に人口が30%減るという恐怖にさらされるなか、

ある町で、死者の家から家財を盗むという犯罪が多発します。

捕まえた盗賊たちに、感染を免れた秘密を明かすように迫ると、

ローズマリー、セージ、タイムなどのハーブを漬け込んだビネガー(酢)

全身に塗っていたことを明かし、

また別の土地でも精油を毎日扱う皮職人には死者が出ていないことから、

精油や芳香植物の殺菌効果に注目が集まりました。

けれどもペストは魔女の仕業として、魔女狩り(15世紀~18世紀)が行われたため、

精油やハーブを用いた民間療法は隠れて行われなければなりませんでした。

 

魔女狩り

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/3b/5a36031d96e076db7fdbe49dc720001c.jpg

 

ハーブを使用すると魔女と言われたなんて、大変な時代があったのですね。

現代でも香りの利用はイギリスではマッサージやハーブ茶による芳香療法が盛んなのに対し、

フランスなどヨーロッパは香水中心なのは、こうした歴史があるからかもしれませんね。

 

続きはまた明日。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!お盆休み中も応援有難う!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。