2016年10月18日

『会席料理の献立』 テーブルコーディネート教室・和食のマナー

今日は少し暑くなりましたね。窓をあけて、半袖で過ごしました。

でも10月初めの暑さにくらべれば天国。…夏の暑さは思い出しただけでクラクラします。

あと三か月もたてば夏を思い出せないぐらい寒くなるわけで…。

宇宙には夜と昼で数百度の温度差がある星があると聞きますので、

それに比べれば過ごしやすい環境ですよね。

 

さて、テーブルコーディネート教室『食卓の美学セミナー』の10月は和食のマナーがテーマ。

本日は会席料理の献立についてお話しいたします。

 

会席料理の献立

 

先付  前菜のひとつ。塩辛いもの(塩辛、うに)、干し物(からすみなど)の二種盛りが基本。

 

前菜  季節感を盛り込んだ料理の最初に出され、

前菜が失敗すれば後の料理はすべてが死んでしまうというほど重要なもの。

 

%e5%89%8d%e8%8f%9c

http://www.yaeno.jp/letter/log/eid173.html

 

吸い物 野菜椀の清汁(すまし)、鯛や蛤を使った潮仕立(うしおじたて)、松茸を使った土瓶蒸しなどがある。

 

お造り 「向付け」と呼ばれることもある。まぐろのとろ、赤身による重ね造り、

鰹・鯵のたたき造り、はまちや鯛の姿造り・うす造りなど。

 

煮物  関西では「炊き合わせ」という。わらび、かぶ、大根、里芋、筍、高野豆腐、腹子などを使った含ませ煮、

鯛のあらを使ったあら炊きなどがある。

 

焼物  たい・あゆ・かれい・ますなどの塩焼き、かれい・甘鯛の酒焼、またさわら・まなかつお・鯛の白味噌焼き、

ぶり・あいなめの照り焼きなど。

 

%e7%84%bc%e3%81%8d%e7%89%a9%e6%8f%9a%e3%81%92%e7%89%a9

http://nihonryori-korinbo.jp/products/%E6%87%90%E7%9F%B3%E6%96%99%E7%90%86%E3%80%88%E6%89%87%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%8E%E3%80%89/

 

箸休  「中皿」ともいわれ、口直しの意味で出される。ごく薄い味付けのもので、

夏は冷やし鉢としてだざれこともある。

 

揚げ物 鯛・ます・おこぜ・はも・海老などと季節の野菜のから揚げが主体。

 

酢物  赤貝、あわび、かきなどの貝類、白身魚、小海老、こち、こはだ、なまこ、きゅうり、わかめなどが使われる。

 

止め椀 味噌汁のこと。味噌には、赤味噌、白味噌、信州味噌などをあわせた合わせ味噌が主に使われる。

 

%e3%81%8a%e9%a3%9f%e4%ba%8b

http://www.machikuru.jp/kusunoki/recommend/8/

 

御飯  白御飯のときもあれば、生姜御飯、じゃこ山椒御飯など混ぜ御飯のときもある。

 

香物  なら漬けなどのかす漬け、味噌漬け、福神漬けなどのしょうゆ漬け、

たくあんなどのぬか漬け、紅生姜などの酢漬け、一夜漬けなどの塩漬けがある。

 

果物 「水菓子」ともいう。みかんやぶどうなど一部を除いて、食べやすくして出されるフルーツ。

 

甘味  西洋料理のデザートにあたるもので、お汁粉やお饅頭、くずきりなどがだされる。

 

%e6%b0%b4%e8%8f%93%e5%ad%90%e3%80%80%e7%94%98%e5%91%b3

http://www.jalan.net/jalan/doc/theme/yadolog/gotouchi3/gotouchi3_0001522917.html

 

会席料理の献立、いかがでしたでしょうか。

一回の食事にこれだけの調理法を駆使し、季節の食材を一品ずつ異なる器で供する和食って、

本当に素晴らしいですよね。外国の方からの評価が高いわけです。

 

でも一品ずつの調理の仕方自体はいたってシンプル。皆様がご家庭でいつもなさっている通りです。

いつものお夕飯2~3回分のお料理を丁寧に作り、盛り付けに気を配ることでおもてなし料理になります。

家庭で和のおもてなし、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位キープ!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年10月17日

ホトトギス、ツワブキ、キバナコスモス…10月中旬のエレアカガーデン

雨も上がり、さわやかな気候になりました。

ご近所をお散歩するといたるところから、金木犀の香りが…。懐かしいな。

学校帰り、よく何回金木犀の香りを嗅げるか数えながら歩いたものです。

 

本日は久しぶりにエレアカガーデンのお花の写真を撮ってみました。

 

img_5113

 

ホトトギス。背丈は50~60cmほどの宿根草。半日陰から日陰を好み、一度植えるとどんどん増えます。

お花は小さいのですが形が面白く、ランダムなドット柄が凝っています。

青みあるマットな質感の葉、茎の曲線も美しいです。

お茶花として有名ですが、洋風なアレンジメントに入れると、エキゾチックな魅力が出ます。

 

img_5126

 

ツワブキ。茎を佃煮などにしますね。こちらも宿根草ですが、実生でも増えます。

半日陰から日陰を好み、この季節になるとそれまで目がいかなかった陰のところに、

キラキラ大きな黄色の花が咲き、突然庭の中心になります。

葉の形は蕗に似ていますが、ずっと深い緑で分厚く、エナメルのようなつやがあります。

元来丈夫な植物ですが、水が落ちやすいので切り花には不向き。

 

img_5127

 

黄花コスモス。ピンクや白の普通のコスモスより花が小ぶりで、オレンジ~赤の花を咲かせます。

日向を好む一年草ですが、実生で咲くことも多いです。