2016年12月21日

『4人目の博士・アルタバル』 クリスマス物語③

ベルリンでXmasマーケットにトラックが突っ込み、

多くの市民が犠牲になるという傷ましいという事件がありました。

 

IS系組織が犯行声明を出したようですが、その真偽はともかく、

こうした衝撃的な事件が繰り返されることによって、政治的利権の問題が

中東と西欧、イスラム社会とキリスト教国の対立にすり替えられて、

人々の心の中に恐怖や憎しみが増長していかないか心配です…。

 

ごく一部の人は戦争で得をするかもしれませんが、ほとんどの民は苦しみ、傷つき、失います。

“国家を、家族を守るための戦争”、”聖戦”などというウソにどうか騙されることのないように…。

 

4人目の博士

 

救い主、イエズス・キリストの誕生を星のお告げによって知った東方の3人の博士が、

幼子に贈り物をしたというお話は、良くご存知だと思います。

実は博士は三人ではなく、もう一人いたという言い伝えがあるのす。

 

img_1020

 

その4人目の博士、アルタバルは医師でしたが、妻子と別れ、財産をすべて売り払って、

キリストへの贈り物にするつもりで真珠を求め、ベツレヘムに向けて旅立ちました。

ところが道中で病人やけが人を見かけては、手当てをしているうちに

ベツレヘムに着いたときは聖家族はそこを去った後でした。

 

その日から“イエズス・キリストを探し求める”という新たな旅が始まります。

ところがどういうわけか、彼の行く先々にはいつも、医師としての彼を必要とする病人や

貧しさのために悪事を働く人々がいて、アルタバルはその人々に手を差し伸べ、

生活を共にし、立ち直る手助けをしているうちに、瞬く間に30数年が過ぎました…。

 

ある日イエズスが処刑されるという知らせが届き、年老いたアルタバルは、

これが最後の機会と立ち上がり大切に持っていた真珠を手に、カルワリオの丘を目指します。

それなのになんということでしょう?

またしても不幸な女性に出会い、彼女を助けるために、真珠を手放してしまったのです。

そうしている間にイエズスは十字架上で息を引き取ります…。

 

嘆き悲しむアルタバルに、キリストが現れこう言いました。

『私に会えなかったと嘆くことはない。お前が自分を犠牲にして親切にした病人や罪びと、一人一人の中に私はいた。

だから、何度も何度も会っていたのだ。』

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アルタバルは”東方からやってきた博士”ですので、ユダヤ社会では異邦人です。冷たくされることもあったでしょう。

その彼が自分の家族や心からの望みを犠牲にして、他人である目の前の苦しんでいる人々につくしました。

それこそがキリストが説いた”隣人愛”なのです。

 

世界にはいろいろな人がいます。肌の色、言葉、生活習慣、宗教、経済力……けれども

お互いの違いを見つめて気色ばむより、同じところに目を向けてみて。

血があって肉があること、心臓があって動いていること、助け合って生きていること、

母親のお腹から生まれてきたこと、怪我したら痛いこと、死んだら悲しむ人がいること…。

 

ね、違いより、同じところの方がずっとずっと多いこと、わかるでしょう?

 

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位キープ!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月20日

パンジー、アリッサム、カルーナ…冬春花壇の作り方 12月のエレアカガーデン

午前中は本降りでしたが、午後から穏やかなお天気になりました。

暖かくて良かった。庭仕事の続きが出来ました。

 

今回、植え替えるのはコチラのスペース↓。

 

img_5951

 

エレアカのアプローチの階段横のスペースです。

中央の木はヤマボウシ。6月に白い花が咲きます。

手前左はクリスマスローズ。3月に白い花を咲かせます。

奥右にはつるバラ、アルべリックバビリエの株が。クリーム色~アイボリーの花。

 

空いたスペースに、冬~春の一年草を植えます。

用意しましたのは、こちらの苗↓。

 

img_5950

 

パンジー『よく咲くスミレ』白 1ケース(28個)

カルーナ 白 7個 ピンク 3個

ダスティーミラー 6個

アリッサム  11個

 

img_5953

 

まず不要な植物を抜いて、有機石灰と、マグアンプKを撒きます。

 

バラとヤマボウシの根はさることながら、ワイヤープランツの根がすごかった…。

土の中びっしりで、苗を植えるところがないほど…。

皆様、何があってもワイヤープランツだけは植えてはいけませんよ!大変なことになります。

 

img_5954

 

カルーナとダスティーミラーをバランスよく配置して。まだ植えてません。置いてみただけ。

 

img_5955

 

間間に『よく咲くスミレ』を置きます。

横から、上から、遠くから、眺めてみて、バランスが良ければ植えます。

植える間隔は、苗を三つ並べて中央の一個を抜いたぐらい。

 

img_5957

 

植え終わったら、グランドカバーとしてサラブレットたい肥を撒き、もう一度マグアンプKを撒きます。

サラブレットたい肥は本来は肥料。でも色が土より明るくてきれいなので、グランドカバーに使っています。

 

img_5960

 

土の中には黄色い水仙テータ・テータや、白のラッパ水仙マウントフットの球根が植わっています。

あとは、株を大きくするために一月いっぱい、パンジーの花と蕾を摘んで、雑草が生えたら小さいうちに抜きます。

春になったらダスティーミラーが大きくなりすぎないように、何度かカットすると良いでしょう。

 

これで5月まで楽しめる、冬春花壇が出来ました。

2月のエレアカの新学期には元気に咲いて、張り切って新入生をお迎えしてくれることでしょう。

 

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位キープ!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。